対策の効果|土壌汚染調査を業者に依頼する時の流れを紹介
男の人

土壌汚染調査を業者に依頼する時の流れを紹介

対策の効果

ヘルメット

震災の影響で注目を集めているのが液状化対策です。液状化とはまず、砂などの粒子が緩い骨格を作っていて、その間に水があります。この地盤が関係しており、自信などが起こると振動で粒子の骨格が崩れ、下層に細かい粒子が溜まり上層は液状になる現象のことです。液状化した地盤の上に建物が建っていると、地盤沈下を起こします。このような現象に対しての対策が液状化対策なのです。基本的には、地盤調査が重要になってきます。その土地が液状化し易い土地か判断しなければ、対策を取ることができないからです。また、ボーリング試験をしなくても、SDS試験を行うことで地盤の調査をすることが可能になりました。液状化対策の工事としては砕石パイルを利用します。基盤とその周りに砕石を敷きます。雨水浸透桝を設置することにより、砕石から上がってきた水を効率よく抜くことができるのです。これにより、液状化の抑止効果を上げることができます。液状化対策の工法でどのような効果があるのか、そのメカニズムを紹介していきます。まず、砕石パイルを打つことで、地盤と砕石パイルで複合的に建物を支えることが可能になるのです。地震によって揺れた場合は砕石パイル周辺にある地山を締め固めます。締め固めることで地盤を強くすることができ、余剰水も逃がすことができるのです。最終的に建物の不同沈下を防ぎます。このような液状化対策を施しておくことにより、万が一の災害時に備えることができるでしょう。安心して生活できるよに、建物への対策を施しておくのがおすすめです。