点検の意味|土壌汚染調査を業者に依頼する時の流れを紹介
男の人

土壌汚染調査を業者に依頼する時の流れを紹介

点検の意味

作業者

平成15年から始まった防火対象物点検ですが、このような点検を施すことでどのようなメリットがあるのか覚えておきましょう。メリットを知ることで、点検に対する意識が変わってくるでしょう。基本的には専門知識を持った資格者が、建物などの設備などを防火基準に到達しているかをチェックするのが防火対象物点検です。これは、平成13年に起きた雑居ビルの火災をきっかけに作られた制度になります。大惨事につながった原因は障害物が避難経路に置かれていたことや、防火管理者が選任されていなかったこと、消防用設備の点検不備などの消防法令違反などです。こうした制度のお陰で、建物を自分たちで守るという意識を高めることができるようになりました。現在では、建物の責任者は防火対象物点検資格者に、点検報告をさせることが義務付けられています。基本的な点検内容は、防火責任者の選任や消防計画の届出状況のチェック、避難する際に必要な施設の管理、消防計画で決められた事項の適切な実行、防火対象物に対する防火性能を有する表示があるかどうか、圧縮アセチレンガス、液化石油ガスの取扱、貯蔵の届出、消防用設備の設置状況と届出や検査、消防法の規定を満たしているかどうかを確認します。これらの項目を全てクリアしていなければなりません。大変な作業ではありますが、防災対策としてはなくてはならない事なのです。このように、防火対象物点検について調べてみると防火対策というものがいかに重要なのか分かってくるでしょう。これからも防火対策の意識を高めて日頃から取り組む事がとても大切になります。